晴さん(まさ雨)の乗り物日記
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
 北海道ツーリングで不具合が発生したリアブレーキのマスターシリンダー。
 外してみるとやはり、プッシュロッドを止めていたサークリップが外れています。
サークリップも変形しており、さらにプッシュロッドのワッシャーは激しく変形しています。
思い起こせば、12月のツーリングで、痛恨の立ちごけ、右に倒したことがありました。マスターシリンダー
マスターシリンダー②
マスターシリンダー③
マスターシリンダー④
マスターシリンダー⑤
マスターシリンダー⑥
マスターシリンダー⑦



この時にブレーキペダルを上に押し上げる形になって、プッシュロッドが引っ張られ、サークリップが外れかけていたんでしょうね。そのあと車検整備もしたんですが、全然気が付きませんでした。
さらに北海道ツーリングで、左に立ちごけした時に右足がブレーキペダルに引っかかったみたいで、ブレーキペダルが上がったままになってしまいました。
この時外れかけていたサークリップが外れてしまったんだと思います。

よく見ると、マスターシリンダー本体のサークリップの溝も傷が付いています。
プッシュロッド自体は、ヨシムラのバックステップの専用品(?)ですが、以前ヨシムラから他の部品と合わせ、取り寄せ済でした。
この際、シリンダーピストン等のマスターシリンダー内部の部品(GSX1100S刀純正部品)も交換することとし、「Web!ke」の5%割引を利用して購入しました。
どうせなら、リアキャリパーもOHすることにして、ピストンキットも購入。
部品がそろったので、作業開始。

まずは、キャリパーから。
ピストンを外すとメッキの下から錆びが出ています。オイルシールより内側の先端部分だけなので再使用だと思いますが、ピストンの内部もかなり錆びているので、交換かな?
リアキャリパー内部も、多少腐食していますが、腐食個所をピカールで磨けば大丈夫みたい。
キャリパーのオイルシールの溝を、先をとがらせた割り箸で掃除して、同時に本体を掃除。
内外両側のブリーザーボルトも外して、内部を清掃。ここがどうしても錆びるんですよね。ブリーザーボルトもきれいに掃除して装着。
この際、ピストン、オイルシール、ダストシールも交換することにします。
オイルシールに「メタルラバー(CCI)」を塗布してキャリパーに組み込み、ピストンも同じようにメタルラバーを塗布して、キャリパーに挿入。
ダストシールもメタルラバーを塗布して、内側の部分をピストンの溝にはめ込み、次に外側をキャリパー本体の溝にはめ込み、片側終了。
同じように反対側も終了。

次にマスターシリンダーです。
マスターシリンダー本体のサークリップの溝を確認すると、確かにサークリップが外れた時にできたと思える傷があります。念のため新しいサークリップを嵌めてみると、しっかり固定されているようなので、大丈夫そうです。マスターシリンダー本体まで交換となるとお値段の方が心配ですから。
サークリップを注文していなかったのですが、シリンダーピストンキットには、サークリップも入っていました。
シリンダーピストンなどにメタルラバーを塗布して、マスターシリンダーに挿入して、プッシュロッドの先端の摺動部にスレッドコンパウンドを塗布し、左手でピストンを押して、右手に持ったスナップリングプライヤーでサークリップを装着するんですが、一人でこの作業をするのは結構面倒なんですよね。
特に現在使っているのは安物の汎用のスナップリングプライヤーなので、先が滑ってしまうんです。
そのうち、クニペックスのものでも入手したいものですね。
確実な作業を行うには、よい工具が必要です。技術のない私のような素人であれば、なおさらですね。

それでも、なんとか、リアブレーキシリンダーとリアブレーキキャリパーのOHが完了しました。
明日にでも、車体に装着することにしましょう。

今日は、とても強い日差しです。暑いですが、オーバーホールが完了したリアブレーキマスターシリンダーとリアブレーキキャリパーを車体に装着します。
キャリパーは、サポートにボルト止めするだけですので、問題はありません。
マスターシリンダーは、結構面倒です。スペースがないのでブレーキランプスイッチとの連結が厄介です。何度か失敗して、どうしてもうまくいかず、イラついてしまいます。やり方を変えました。
シリンダーを取り付けてから、スイッチのスプリングのフックをピックアップツールで引っかけることにしたら、うまくいきました。最初からこうすればよかったかも。
後は、ブレーキホースをつなぎ、ブレーキパッドを装着し、ブレーキフルードをタンクに入れ、エア抜きをするだけです。
あれ、ブレークフルードの在庫がなかったかも。購入しなければなりませんが、にえガレのストアで、セールしている「A.S.H.ブレーキフルードDOT4」にしようかな。
送料が無料になるように、「A.S.H.ブレーキフルードDOT4」2本に「A.S.H.フォークオイル#58」2本を加えることにしましょう。
「A.S.H.フォークオイル」を、岡山で販売しているところは少ないんです。以前「#40」しか在庫がないショップで「#58」の取り寄せを頼んだら、ケース単位になるといわれ、その時は在庫の「#40」で我慢したんです。
それでも、「A.S.H.フォークオイル」がとても好印象だったので、「#58」にとても期待しています。フロント周りの整備の際にフォークオイルの交換もしようと思っているので楽しみです。
炎天下の中、ブレーキホースをつないで、今日の作業は終了。

今度の週末までに、「A.S.H.ブレーキフルードDOT4」が届くよう「にえさん」の「にえガレのストア」で注文しておきますか。

知床でブレーキペダルが上がったままにならないように、インシュロックでくくって、何とかリアブレーキは効いてくれましたので、無事帰ってくることができて良かったです。
幸マスターシリンダーのプッシュロッドが完全に脱落まではしなかったので、何とかなりましたが、もし脱落していたら北海道ツーリングの後半をリアブレーキなしで走ることになったはずで、この幸運に感謝したいと思います。
見方を変えれば、単なる整備不良なんですけどね。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.