晴さん(まさ雨)の乗り物日記
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
 北海道ツーリング以来、レバーのタッチに異常のあるブレンボラジアルマスターをオーバーホールすることにしました。

 購入したオーバーホールキットには、プッシュロッド、スナップリング、ダストブーツとグリースが入っています。
マスターシリンダーOH⑩

 プッシュロッドとレバーのアジャスターノブを固定するロールピンが入ってないのは残念です。どうしてもロールピンが錆びてしまいますので、打ち抜く際に変形して再使用できない場合が多いのですよね。ロールピンを単品で販売しているところも少ないのです。
マスターシリンダーOH⑪

 オーバーホールキットにサービスでついてきた工具(φ1.5mmのシャフト)で、ロールピンを抜こうとしましたが、うまく抜けません。ラジペンで何とか抜くことができましたが、曲がってしまい再使用不能。
 プッシュロッドをドライバーでまわし、レバーを外します。
 次に、ダストブーツを引っ張って取り外すと、かなり錆びが出ていて、茶色くなっています。スナップリングを外すと、ピストンが出てきます。その奥にはスプリングがあります。
マスターシリンダーOH

 ピストンも分解できますので、スナップリングを外し、少し錆びが回っているシールとピストンを掃除します。
マスターシリンダーOH②

マスターシリンダーOH③

マスターシリンダーOH④


マスターシリンダーOH⑤

マスターシリンダーOH⑥

 プッシュロッドのピストンに当たるネギ坊主状の部分も腐食していたので、ピカールで研磨して。
マスターシリンダーOH⑦

 スプリングの両端もピカールで磨き、組み上げます。
マスターシリンダーOH⑨

マスターシリンダーOH⑧

マスターシリンダー本体の内壁は多少錆が回っていますが、腐食や傷はありませんでした。
レバーを取り付け、新品のロールピンを打ち込もうとしましたが、なかなかうまくいかず、結局落としてしまい、小さい部品でもあり行方不明になってしまいました。
曲がった古いロールピンを使うか、ベータピンを使って固定するしかありませんがどうしましょうか。とりあえず、古いロールピンで固定して終了。
ブレーキスイッチの調整をして一応完成。

レバーを操作してみると、少し抵抗感があります。どうしたんでしょうか?
オーバーホールの前よりはずいぶんよくなりましたが、少し気になります。
プッシュロッドを交換しなかったのがよくなかったのかな。
装着しているブレーキスイッチは、レバーの支点のボルトで固定しているんですが、オーバーホール前はこのボルトを強く締めるとレバーの戻りが悪くなり、緩いとブレーキスイッチが動いてしまっていました。
しかし、オーバーホール後は、強く締めてもレバーの戻りが悪くなるようなことはなくなりました。

これで車体に取り付けるだけと思っていましたが、ダストブーツの空気抜きの位置を確認してみると、上向きになっていました。
ダストブーツには、空気抜きの「×」の切込みがあるのですが、この部分が上向きだと、雨天走行などで水が入る可能性があります。
確認しないで装着してしまったため、上向きになってしまったので、やり直しです。装着する前によく確認しておかないとダメですね。





マスターシリンダーOH⑫
マスターシリンダーOH⑬
マスターシリンダーOH⑭
マスターシリンダーOH⑮
マスターシリンダーOH⑯
マスターシリンダーOH⑰
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.