FC2ブログ
晴さん(まさ雨)の乗り物日記
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
 前回の記録をもとに、車検の手順を確認します。
 
 岡山の場合は、5コースが二輪の検査ラインです。
 全自動ラインで、表示はモニターとなっている。従来の電光掲示板に対し見にくい。

 こんな手順だったと思いますが。

1 同一性の確認(車台番号の確認)
  停止線に車体を止める。検査官が車台番号を確認する。

2 保安装置及び騒音の確認
  ウインカー、ブレーキ灯(Fブレーキ、Rブレーキ)ヘッドライト(ハイビーム、ロービーム)、テールランプ、ナンバー灯、ホーンを操 作し、検査官に確認してもらう。
 次に、検査官自ら各部分の機能を確認し、エンジンの回転を上げ、音量を確認する。
 (ここでチェックされれば、騒音測定にまわされる。)

3 排ガスの測定
  さらに、排ガス規制のあるマシンは、ここで排ガス測定を行う。
  車と同じように排気管の測定用のプローブを入れ、排ガスを測定する。
  GSX1100S刀は規制外。

4 車体の確認
  検査官が、テストハンマーで車体のボルトのゆるみなど車体の不具合の有無の確認を行う。

5 自動検査ラインでの検査(スピードメーター、ブレーキ、ヘッドライト)
(1) スピードメーターの検査
    検査官の指示に従い、前輪をローラーに載せ、左足付近の床にあるスイッチを踏む。
    ローラーが回転していくので、メーターが40Km/hになったところでスイッチを離す。
    スイッチを離すタイミングは、速度が安定したときが正確であるのでよい。
    このときのメーターの誤差が大きいと不合格となる。

  合格であれば、モニター画面に「●」が表示される。
  不合格であれば、モニター画面に「×」が表示される。
   この検査は、従来のラインにはなかったが、最新の全自動ラインで導入された。

(2) Fブレーキの検査
   ローラーに前輪を載せたまま、モニターが面の表示に従い、一旦ブレーキレバーを離し、指示に従い思いっきりブレーキレバー
  を引く。
   二輪の場合は、タイヤのグリップもよく車重が軽いため。スリップはしないので、車体が後退するので注意が必要。

  合格であれば、モニター画面に「●」が表示される。
  不合格であれば、モニター画面に「×」が表示される。

(3) Rブレーキの検査
   車体を前進させ、ローラーに後輪を載せ、モニターが面の表示に従い、一旦ブレーキペダルを離し、指示に従い思いっきりブレ
  ーキペダルを踏む。
   Fブレーキと同様に、車体が後退するので注意が必要。

  合格であれば、モニター画面に「●」が表示される。
  不合格であれば、モニター画面に「×」が表示される。

(4) ヘッドライトの検査
   車体を前に進め、停止線に止める。
   機械が前輪と後輪をはさみ込むので、車体がまっすぐに固定される。
   そのままヘッドライトを上向きにして、左足付近のスイッチを踏むとライトテスターが出てきて光軸を測定する。
   光軸がずれていても、続いて2回目の測定を行うが、1回目の測定時の光軸のズレを表示(?)されるので、上下のズレで
  あれば車体に体重をかけ調整することが可能。
   しかし、左右のズレであれば、その場での対応は無理。諦めてテスター屋さんのお世話になりましょう。
   この検査が一番のキモ。

  合格であれば、モニター画面に「●」が表示される。
  不合格であれば、モニター画面に「×」が表示される。

4 自動車検査票の記録と自動車検査票の提出
  すべての検査が終わり、自動車検査票を機械に通して検査結果を記録し、総合検査室に提出する。

  すべての項目が合格であれば、検査官から最終合格印をもらって、書類をそろえて、事務所の窓口に出し、新しい検査証と
 標章の交付を受ける。

  不合格の項目があれば、支持を受け、不合格の項目の修正を行い、再び不合格の項目のみ検査を受ける。
  再検査は、2回まで。それ以上再検査を受ける場合は、改めて受験手数料を支払うことになります。

 こんな感じですが、2年に1回なので、記録していないと忘れてしましますよね。
 とにかく、頑張ってみましょう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.