FC2ブログ
晴さん(まさ雨)の乗り物日記
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
 GSX1100S刀の予備のRホイールの整備です。
 ヤフオクで落札して以来、保管していた国内仕様のRホイール。
 バルブはチューブレス化されていますが、かなり汚れていました。ホイールの洗剤で洗っておいたものです。

 今日は、ベアリングの交換をすることにします。
 部屋の中で作業を始めていると、女房から苦情が!!ささっとやってしまいますね。
Rホイールベアリング交換①

 「17×MT2.5」
 MTと表記されていますので、チューブレス対応のホイールです。
 しっかりと掃除をしましたので、刻印もきれいでしょう。
Rホイールベアリング交換⑮

 鋳込まれた刻印を見ると、「94/2」とありますので、1994年2月製造ということになります。
 つまり、国内仕様のGSX1100SRに装着されていた純正ホイールということですね。
Rホイールベアリング交換②

 装着されていたベアリングは、「NTN 6204LU」でした。LUは規格上は、片面シールなのですが、なぜか両面シールのものが装着されていました。
 新たに装着したのは、モノタロウから購入した「NTN 6204LLUC3」です。両面接触シールで隙間がC3のもの。
 ヒートガンでホイールのベアリングの回りを加熱して、廃品の車載のプラグレンチを特殊工具代わりにしてベアリングの内輪を打撃。2~3回で無事ビアリングが外せました。
 ちなみにホイールの中にあるスペーサーは、「長さ88mm 外径20.9mm 内径20.6mm」でした。
Rホイールベアリング交換④

 ベアリングの装着は、ホイールをヒートガンでしっかり加熱して、ベアリングプーラーで打ち込みますが、しっかり加熱して、水平に打ち込めば、割と簡単に入るます。
 少し傾いたので、修正するとすんなり入りました。
Rホイールベアリング交換③

 ハブクッションの収まる部分は、クッションゴムがこびりついていてなかなかこれが取れない。
 真鍮ブラシでこすり、ここまでになりました。
Rホイールベアリング交換⑥

Rホイールベアリング交換⑤

 装着されているチューブレスバルブ、状態は良いようです。
Rホイールベアリング交換⑦

 「4142」、この数字は何を意味しているんでしょうか?
Rホイールベアリング交換⑧

 このチューブレスバルブは、GSX1100SY(ファイナル)のもののようですね。
Rホイールベアリング交換⑨

 外した古いべリング、「NTN 6204LU」。
Rホイールベアリング交換⑩

Rホイールベアリング交換⑪

Rホイールベアリング交換⑫

Rホイールベアリング交換⑬

 内側のシールが、劣化してひび割れています。
Rホイールベアリング交換⑭

 Rホイールの整備が無事終わりました。

 さて、タイヤは何を組みましょうかねえ。
 いま、装着している「ピレリ スポーツデーモンV 130/90ー17」は、2年前の北海道ツーリングでセンターだけが平らに減ってしまっているので、違和感があるのです。
 Fはそのままで、Rには同じ「ピレリ スポーツデーモンV 130/90ー17」にしましょうかねえ。WeB!keで、15,260円、2,268ポイント(15%)とかなりお安いので。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.